FC2ブログ

おすすめ本

今まで読んだ本の中から、感動した本、健康に役立った本、知識がついた本、仰天本・・・色々と紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

楊家将


舞台は10世紀末、宋国に帰順した将軍、楊業とその息子たちが、敵国
遼と最前線で戦う物語。
楊業は楊無敵とまで言われた、実在したカリスマ将軍。

楊家将は中国では「三国志」「水滸伝」と並ぶ、三大歴史小説・・・らしい。
しかし、妖術を使ったり、ストーリーに矛盾点が多すぎて日本では受け入れられなかった・・・らしい。
史実と中国小説をかなりの手を加えて、出来上がったのが本作品。

著者は北方謙三氏。
おなじみのハードボイルド作家。
俺、、、ハードボイルド小説が嫌い。
ワンパターンやし、ありえへん主人公が登場するし・・・おもしろくない><

読んでみた・・・

無茶苦茶・・・

メッチャ!!オモロイワァ(ノゝÅ・ノ)*:;☆;:*:;☆

歴史小説は結構好きで読むけど、ひょっとして今まで読んだ本の中で一番かも^^
三国志とか好きな人に、超おすすめ本です。
ストーリーとかの紹介は、潜在意識が入るとアカンから割愛。

スポンサーサイト

PageTop

もう一日



「人生に挫折した男に生きる力を与えたのは、信じられないよう
なできごとだった」
・・・チャーリーが11歳のとき、父が突然姿を消した。父との思い出は野球。父の
面影を慕い、少年は練習に打ち込んだ。そして念願のメジャーリーガーになっ
た。しかし、選手生命は短く、セールスマンとしての第二の人生は屈辱だった。
あり金を投資につぎこみ、妻と娘に愛想をつかされたチャーリーは酒に溺れる毎
日を送った。そんなある日、娘から届いた結婚式のスナップ写真。彼は娘の人生
からも締め出されていた。もう生きる意味などなかった。チャーリーは自殺を決
意する。命を絶つ場所に選んだのは、故郷の家・・・
(アマゾンより転用)

正直、期待はずれやった。
途中までは、結構おもろかってんけど。
1/2ぐらいから、先が読めてきてしらけた><

でも、子供を持つお母さん方が読んだら、結構、感動するんとちゃうかな?

PageTop

天国の五人


「俺(私)・・・なんのために生まれてきてんやろ?」
「俺(私)の人生なんか意味ないやん!」

「も~死んでやるー」

って、方におすすめの本。

主人公のエディは著者の大好きだった叔父さんがモデル。
と、言っても実話ちゃうで。

絶対、オヤジ(親父)みたいな人生はいやや。
オヤジみたいな仕事はしたない。あくせく働いても貧乏やん。
そんな考えとは裏腹に、結局はオヤジの仕事の後を継ぐエディ。
振り返ると、もう83歳のエディ。
愛する妻に先立たれ、子供もいない。仕事も希望どおりではなかった。
彼の人生はなんの意味もなかったのか……。
ひょんなことで、事故に巻き込まれて死亡。
(-ι-З)ポクポク・・・・・Ω\ζ°)チーン。

ここから本編のスタート。

本当に意味のない人生ってあるねんやろうか?
人間は一人で生きて行けんの?

天国?地獄?に行く途中にエディが出会う5人。
5人の影響で、頑固者で偏屈なエディが少しづつ心を開いて行く。
感動するでぇー。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。