FC2ブログ

おすすめ本

今まで読んだ本の中から、感動した本、健康に役立った本、知識がついた本、仰天本・・・色々と紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鬼子


おもしろいでぇ~、この本。
ちょっと、とんでもない内容やけど。

「売れない作家の袴田勇二は、同居していた母の民子が死んで以来、急に暴力的になった
息子の浩に翻弄され続けていた・・・。」

こんな感じやねんけど、浩って息子が本を読み進めて行くと、
無茶苦茶ムカつくクソガキで、ある日、突然不良デビューしよるねん。
最悪なんは、自分の家でツレ数人で、自分の妹をレイプして回しよるねん。
信じられへん、悪態を続ける浩。

父親の袴田勇二は、無茶苦茶ヘタレでフリーター。
本職は一応、作家やねんけど全然売れてへんw
もう、息子の浩の奴隷状態><

自分の地位を名声も捨てて(そんなあんのか?オッサンw)、息子を殺人・・・
ヘタレやから自分では、よう殺さんから殺人依頼。

しかし、最後に大どんでん返しが待ってるねん。
隠されていた真実。

スポンサーサイト

PageTop

あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由


大阪出身、大阪育ち、野球大好き、
(,,゚Д゚)∩ハイッ!!
勿論、阪神タイガースの大ファンです^^
勿論、野村克也は大嫌いw
でも、本のタイトルが阪神タイガースなんで読んでみました。

結論
負ける理由=お前が監督やったから
勝つ理由=お前が監督やめたから
やっぱり、星野仙一さんはすごい

これは、最初に言っておきたいこと。
球団創立70数年を要する「阪神タイガース」で3年連続最下位にしたのは、お前だけや。
歴代監督の批判が淡々と書かれてるけど、お前だけや、

3年連続最下位

まずは、マスコミの批判、監督・選手の批判、フロント(特に編成部)の批判、阪神ファンの
批判、大阪人の批判。
「星野監督は人望があったから優勝できた、野村の爺には人望がなかった」って本書で
書いてるけど、お前に人望・人徳なんてないやろ!!

本書では4年目、監督続投を告げられたけど「やる気がなかったから辞めた」って書いてるけど、
違うやん、それ@@
3年目のシーズン中盤から、お前のキショイ嫁はんサッチー(おぇ・・・キショ)が脱税疑惑で
マスコミを騒がせて、逮捕に至った訳や。
4年目続投なんか、阪神ファンが許しても世間が許さへんって。
はっきり、言うたらええねん、
「監督在任中は妻がブレイクしてて、野球どころちゃうかってん」って。

ハィ!!∩(`・ェ・´)∩ 次。
阪神タイガースの編成部批判。
「編成部は球団の心臓」
お前が言うな。

選手としては、三流、四流の愚息「カツノリ」。
ヤクルト監督時代にヤクルトにドラフトで入団させ、爺がヤクルト退任後、行き場を失った
愚息を阪神監督承諾を条件にヤクルトから阪神にトレード。
阪神退任後、行き場を失った愚息を野間口投手を入団条件に、愚息を阪神から巨人に
トレード。
大人の巨人、四流の愚息「カツノリ」、野間口投手が入団翌年、巨人をクビ。
翌年、楽天の田尾に圧力をかけ四流の愚息「カツノリ」入団。
現在、楽天の二軍から一軍のバッテリーコーチに四流の愚息「カツノリ」昇格。
これらは、一切、本書に触れていません。

「編成部は球団の心臓」
お前が言うな。
まさに老害やな。
ちなみに、キショイ「サッチー」って、どこ行ったんw

PageTop

富を「引き寄せる」科学的法則


信じられへん。ありえへんわ。こんなん。
左の本は、2007/12/1発売。ベストセラー「ザ・シークレット」の著者が参考にしたとして、
「ザ・シークレット」の本文中にも紹介されてる本。
右の本は、2005/7/22発売。名も無く消えて行った本。
2冊共、著者は同じで、翻訳者は別人?
そして、2冊とも約100年前に書かれた本。

が、

2冊とも販売価格は違えど、内容はまるっきり同じ。
当たり前の話、原作のタイトル「The Science of Getting Rich」。
はやり廃りに弱い日本人向けに「引き寄せ」とタイトルに替えただけw
アマゾンのプレビューを見たら笑える。
左の本は絶賛。右の本はスルー。

本の内容は・・・><
この本を読んだら、他の本は読むな!!
もし読むんやったら、ヘーゲル、エマソンとかの哲学書。
そして、ネガティブな情報は一切目に触れない事!!
それ無理やってw
新聞、TV、インターネット・・・情報が溢れてる世の中。
そら、100年前は出来たたかもしらんけど・・・。

俺は、右の本「富を手にするただひとつの法則」は読んだけど、アメリカ人思考の
象徴と思った。
いいとか、悪いとか。好きとか、嫌いとかじゃなくて・・・。
自己中心的な物質的な欲求を満たすための本。
嫌いじゃないけど・・・なんか釈然とせん理論。

PageTop

ワーキングプア 日本を蝕む病


すごいワ、さすが不祥事続きのNHKが書いた本。
とんでもない事、書いてるワ!
ありえへん、こんな本。
マジで本のサブタイトル替えた方がええワ。
「ワーキングプア NHKを蝕む病」。う~これやったらピンとくるな。

本の内容は、ありがちな読者に恐怖心だけ煽って、何ら解決案、改善案も
提案せえへん愚書。
本当にワーキングプアと言うジャンクな造語をメジャーにして、視聴率や金を
稼ぎたいんやったら、改善案も出せちゅーねん。

例えば、シャープの世界最大の液晶工場を東北地方に誘致。
これによって、経済効果が数千億円、平均所得が数万円UPする。
そのためには・・・が、必要で県民は・・・。みたいなw

本の中では、所得格差、環境格差、経済格差にスポットを当てて問題視してるけど、
観点が無茶苦茶。自分達の都合のいいデータを持ち出してフェイクストーリを演出。

何故か?東京都と東北地方ばかりを比べて問題視してんねんけど、、、
東京は日本経済の中心地。大手企業の本社も集中してる。
日本でもっとも、お金が集まる場所(世界的に見ても)。
だから、人も集まる。
方や東北地方、、、東京と比べたら所得格差、環境格差、経済格差が出て当たり前。
全国的に見て、どうだこうだと議論をすればええねんけど、何か局地的に
比べて何の意味があんねやろ?

本文の中で「寝る間を惜しんで働いても、月給8万円・・・」って、あんねんけど、
逆に聞きたいワ、それどんな仕事やねんw

何せ無茶苦茶な内容の本。
こんな本書いたヤツは頭が腐ってる。
さらに、こん「ワーキングプア 日本を蝕む病」ってタイトルに引かれ、本を買った
アホ・・・どんなアホがこんな愚書買うねやろ・・・














アホがここに居ますorz

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。