FC2ブログ

おすすめ本

今まで読んだ本の中から、感動した本、健康に役立った本、知識がついた本、仰天本・・・色々と紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

居酒屋甲子園 (第1回)


こんな店で酒を飲んで、メシを食ってみたい。
チェーン店とは、一味も二味も違う演出。
料理もおいしそうやし、見えない所での努力。
いいねー、こう言う店。

スポンサーサイト

PageTop

鬼子


おもしろいでぇ~、この本。
ちょっと、とんでもない内容やけど。

「売れない作家の袴田勇二は、同居していた母の民子が死んで以来、急に暴力的になった
息子の浩に翻弄され続けていた・・・。」

こんな感じやねんけど、浩って息子が本を読み進めて行くと、
無茶苦茶ムカつくクソガキで、ある日、突然不良デビューしよるねん。
最悪なんは、自分の家でツレ数人で、自分の妹をレイプして回しよるねん。
信じられへん、悪態を続ける浩。

父親の袴田勇二は、無茶苦茶ヘタレでフリーター。
本職は一応、作家やねんけど全然売れてへんw
もう、息子の浩の奴隷状態><

自分の地位を名声も捨てて(そんなあんのか?オッサンw)、息子を殺人・・・
ヘタレやから自分では、よう殺さんから殺人依頼。

しかし、最後に大どんでん返しが待ってるねん。
隠されていた真実。

PageTop

ヤバい経済学


不動産広告の「環境良好」の隠された意味って?
90年代のアメリカで犯罪が激減したのはなぜ?
勉強ができる子の親ってどんな人?
銃とプール、危ないのはどっち?
相撲の力士は八百長なんてしない?
学校の先生はインチキなんてしない?
ヤクの売人がママと住んでいるのはなぜ?
出会い系サイトの自己紹介はウソ?
ウィキペディアは信頼できる?

シカゴ大学の経済学者が、社会現象などを経済の目で見た(分析)良書。

PageTop

統計という名のウソ―数字の正体、データのたくらみ


データーのからくりがわかる本。

"平均"と言う数字のからくり。
"格差"と言う数字のからくり。
"地域"と言う数字のからくり。
"点"と言う数字のからくり。
"数"と言う数字のからくり。

""内の言葉を組み合わせて(例えば、平均点とか地域格差)、それら全ての
からくりを解明してる。
この本、一度読んだ方がええと思うよ。
あらゆる意味で、ダマされる確立がぐっと減る。

個人的には、コインを投げて「裏」「表」が出る確率。
この話は「へぇ~、なるほどな」と感心した。

マスコミのウソ・捏造。
見抜けるでぇ~w

PageTop

楊家将


舞台は10世紀末、宋国に帰順した将軍、楊業とその息子たちが、敵国
遼と最前線で戦う物語。
楊業は楊無敵とまで言われた、実在したカリスマ将軍。

楊家将は中国では「三国志」「水滸伝」と並ぶ、三大歴史小説・・・らしい。
しかし、妖術を使ったり、ストーリーに矛盾点が多すぎて日本では受け入れられなかった・・・らしい。
史実と中国小説をかなりの手を加えて、出来上がったのが本作品。

著者は北方謙三氏。
おなじみのハードボイルド作家。
俺、、、ハードボイルド小説が嫌い。
ワンパターンやし、ありえへん主人公が登場するし・・・おもしろくない><

読んでみた・・・

無茶苦茶・・・

メッチャ!!オモロイワァ(ノゝÅ・ノ)*:;☆;:*:;☆

歴史小説は結構好きで読むけど、ひょっとして今まで読んだ本の中で一番かも^^
三国志とか好きな人に、超おすすめ本です。
ストーリーとかの紹介は、潜在意識が入るとアカンから割愛。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。